Wharton Welcome Weekend - Day 3(All I Want Is You)

記憶が風化する前にフィラデルフィア訪問記の続きを。

3日目はフィラデルフィアの不動産最大手Alan Dombのおじさんとの待ち合わせから始まりました。しかも紹介してもらえる物件は本命のマンションDorchester。天気も3日目になりようやく快晴。どんどんと興奮してく僕。但し、ここで前職で学んだExpectation Controlをフルに導入し、期待値を思いっきり下げておくことにしました。待ち合わせに10分遅れた担当者のPaulが紹介してくれた最初の部屋は、、、最高でした!!南向きの門部屋。キッチンは若干古いものの、トイレ・バスの水回りはきれい、部屋も広く、収納もばっちり。まさに一目惚れ。唯一の問題は予算を若干オーバーしている点でした。

その後、他のマンションも含めて数部屋見学をさせてもらうものの、一度惚れたあの子のことが忘られられず、他の子は欠点ばかりが目立ってしまいました。昼食中に緊急家族会議を開き予算オーバーを許容するかを協議。満場一致で予算オーバーを許容し、代わり質素な生活をすることに決定しました。白熱した会議の所要時間は約2分でした。昼食後は善は急げと早々に契約プロセスに入るべく、Alan Dombのオフィスを訪問しました。さすがは押しの強い営業マンのPaul、その場で契約書にサインすることを執拗に迫って来ましたが、こちらも日本人であることを武器にして、日本の両親と話をする必要がある(未成年か、、、)とゴネて夜まで時間を稼ぐことに成功しました。

この間、学校では様々なインフォメーション・セッションやイベントが行われていました。夜はWhartonを含めその他のU Penn在籍の日本人によるJapan Nightが催されるので、それには何とか間に合うように必死に契約書の読み込みました。途中、アメリカン・スタンダードがどこにあるか分からず昨日訪問をさせて頂いた先輩に電話し、色々と相談にのって頂きました(連日ありがとうございました)。その結果、送金のみを残して物件の確保に成功しました。次はその足で急いでJapan Nightのイベント会場へ。日本食にありつけることを期待していたのですが。。。

人生全てはうまくいかないものです。ここで罰が当たりました。遅刻した会場には食事は残っていませんでした(涙)。でも在校生によるソーラン節のパフォーマンスは噂通り最高でした。音楽をiPodから流す時に間違ってスピッツのスターゲイザー(「とおーく、とおーーく♫」ってやつです)が流れた時は爆笑でした。自分が夏からこのグループの一員になる実感はまだ生まれませんでしたが、夏からの学生生活に対する期待(と芸をしなくてはならない不安)は少し高まりました。後、U Pennの日本人コミュニティの大きさと日本好きの外人の多さにはちょっとびっくりしました。

イベント後、あまりにもお腹がすいたので日本食レストランで鍋焼きうどんを堪能。近くにまあまあ食べられる日本食レストランがあって一安心したところで就寝。最大の成果を挙げたDay 3は無事終わり、Day 4へと続くのでした。

ーーーーーーーーーー

さて、本日ご紹介する曲はRattle and Hum(写真)収録の名バラードAll I Want Is You。今回の僕のケースではYouは当然部屋のこと。このコーナーも段々と連想ゲームっぽくなって来ましたがお付き合い下さい。

c0192625_21523576.jpg






この曲はウィノナ・ライダーの出世作Reality Bitesのサウンドトラックにも収録されています。U2のバラードは名曲ぞろいですがこの曲は特にゆったりとしたテンポで聞かせる名曲です。歌詞も秀逸なので秋の夜長にゆっくりとリラックスしながら聞くのが似合う一曲です(もちろんどの季節に聞いても素敵な楽曲です)。
[PR]
by yoshi_525600 | 2009-04-27 21:00 | Wharton MBA


NO DAY BUT TODAY


by yoshi_525600

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

はじめに
Wharton MBA
社会起業/Social Impact
キャリア/就活
Philly生活
NYC生活
東京生活
MBA受験・留学準備
書評・テレビ観戦
音楽・ミュージカル

以前の記事

2011年 08月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
more...

Twitter & ブログリンク

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧