世界卓球 ー 若い力(Knock You Down)

皆様ゴールデン・ウィーク明け、いかがお過ごしでしょうか。昨日のJRは酷かったですね。

僕は結構バタバタしていました。留学関係のイベントにも色々(今年受験する方との交流会、今年留学する仲間との懇親会、予備校仲間との飲み会、Whartonの合格者とそのパートナーとのランチ等)と出席しましたのでこれらについては改めて纏めて、近いタイミングで報告をしたいと思います。

そんな忙しい中、スポーツ好きとして世界卓球は欠かさず見ていました。小学校の頃は卓球というと運動神経が悪い子(走るのが遅かったり、サッカーやバスケ等の球技が苦手だったり)がやるオタクチックな競技というイメージでしたが、今は大注目のスポーツの一つになっています。僕が個人的に卓球に注目するようになったのは、高校生の頃の親友がカナダ代表候補だったことを発見してからです。頭も良く、運動神経も良く、性格も良くと大好きだった親友が卓球で国の代表候補と知って一気にスポーツとして見直しました(偉そうですみません)。ちなみにこの友人、卓球のことを英語で"Ping-Pong"と呼ばれることを極端に嫌い、必ず"Table Tennis"と言い換えていたのが印象的でした。

さて、そんな横浜開催の世界卓球ですが今回一番盛り上がったのは石川佳純の大活躍でしょう。世界ランキング90位台の彼女が10位のシンガポール選手を3セットダウン、ゲームカウント3-9から巻き返して逆転勝利を収めた時は次の予定を忘れてテレビに食いついてしまいました。その後も着々と勝利を重ねて福原愛が16歳の時に達成したベスト8に並ぶ記録で大会を終えました。今大会優勝の世界ランク1位の中国の張怡寧からも1セットを奪う大健闘。力の差はまだ大分ありましたがこれからが楽しみです。負けた後のインタビューでの清々しい表情が本人の充実度を表していると思います。

その他には男子ダブルスで水谷・岸川ペアが銅メダルの快挙、マツケン兄弟の松平健太が世界ランク2位の 馬琳相手にフルセット、最終セット9-11の激戦を繰り広げたりと本当に男女共、若い選手の力が発揮された大会だったのではないでしょうか。末恐ろしいのはこれらの選手はまだまだ成長のポテンシャルがあること。経験不足等を補って余りある度胸と将来性、、、ビジネススクール受験で若い子たちが(この言い方完璧おっさんですね)トップ校で活躍している姿と少しかぶったりもします。

ところで平野早矢香って時任三郎そっくりじゃないですか??

ーーーーーーーーーー

さて、そんな今日紹介する曲は最近のヘビーローテーション、Keri HilsonのKnock You Down Featuring Kanye West & Ne-Yoです。デビューアルバムIn a Perfect World ... (写真)収録です。

c0192625_17243828.jpg






Keri Hilsonは自らがデビューする前はプロデューサーとして手腕を発揮していて、Usher、Chris Brown、Mary J Blige、Britney Spears等に楽曲を提供、満を持してのデビューとなったわけです。そのためアルバムは今回オススメの曲でコラボしているKanye WestとNe-Yoに加えてTimberlandやLil Wayneといった大ヒットアーティストとの曲を収録しています。曲のクオリティは秀逸だと思うのですが、今一ヒットをしないのは本人が地味で個性が際立たないからでしょうか?個人的にはBeyonceを少し柔らかくして、RihannaやCiaraの要素を少し加えたイメージです。

それでも良い音楽には間違いないのでぜひ聴いてみて下さい。
[PR]
by yoshi_525600 | 2009-05-08 16:00 | 書評・テレビ観戦


NO DAY BUT TODAY


by yoshi_525600

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

はじめに
Wharton MBA
社会起業/Social Impact
キャリア/就活
Philly生活
NYC生活
東京生活
MBA受験・留学準備
書評・テレビ観戦
音楽・ミュージカル

以前の記事

2011年 08月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
more...

Twitter & ブログリンク

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧