インターン開始(Lets Get Started)

8月に結婚する幸せいっぱいの友人からの強いすすめで留学前にインターンをすることしました。卒業後にキャリアチェンジを目指す場合(特に海外で)はその新しい進路について自分が本気(「マジ」と読む)であり、業界を理解している(使い物になる)ことを示す必要があり、留学前のインターン経験は武器になるとのことでした。特に今は景気が悪く求人も絞り込まれていることが予想される上、僕の目指す業界は競争率が高いことを考えて、後1ヶ月ダメ人間街道まっしぐらの遊びたい欲求をなんとか抑えてWhartonの先輩に泣き付いてみました。

さて僕のインターン先はグローバルに展開しているベンチャー・キャピタル(VC)の日本支店で、さらにそこから投資先企業へ出向という形で仕事をしています。現在はCFOのサポートを中心に、業務全般を見せて頂いている状況で、日々新たな発見と学びの連続です。今までのキャリアは向上心(野心)が強く、自分たちが優秀(エリート)だと自負している(実際にそうなのかは置いておいて、、、)集団の中で、日本の大企業を相手に会社のブランドにぶら下がりながら仕事をしてきたのですが、今は所謂ベンチャー企業で前職では交流することのなかったタイプの方々に囲まれて仕事をしています。会社の規模もまったく違いますし、金融機関ではなく事業会社なので今まで使っていた怪しい外来語(作業のことをワークと言ってみたり、ルー大柴っぽい人が沢山いました)は当然通じません。最初の数日は戸惑いもあったのですが、1週間たった今ではすっかり居心地が良くなり(周りの方は間違いなく気を使われていると思いますが)、楽しく仕事をしています。

経営者の考え方、事業会社のオペレーション、ベンチャー企業の課題、投資家(VC)の視点、中小企業のあり方、消費者と触れる仕事の難しさ、等々感じたことが既に数多くあるので学んだことの備忘録の意味合いも兼ねて今後このブログで少しずつ記録していきたいと思います。前職の仕事は大好きだったのですが、今までの自分が如何に井の中の蛙だったかを思いしることになりました。

今回のインターンをご紹介頂いたKさん、留学前のインターンを進めてくれたKっちゃん、本当にありがとうございます。

----------
さて、本日ご紹介する曲は前回に続いてBEPの曲です(しばらくBEPでいこうかな、、、)。BEPの紅一点として、ファッション・リーダーとして注目されているFergieが加入して最初のアルバムElephunk(写真)からの大ヒット曲Lets Get Startedです。

c0192625_22514712.jpg






この曲はとあるイベントで休憩時間後にイベント再開の度に再現なく聞かされたことで頭から離れない一曲になってしまいましたが、実はアルバム内ではLets Get Retardedという曲として同じメロディで歌詞とアレンジを変えて収録されています。さすがに「あほになろうぜー」という曲にはびっくりしましたが、Startedの方は場を盛り上げるにはもってこいの曲だと思います。メンバー全員の声と歌い方に特徴があって何度聞いても不思議と飽きない一曲です。
[PR]
by yoshi_525600 | 2009-06-17 22:30 | MBA受験・留学準備


NO DAY BUT TODAY


by yoshi_525600

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

はじめに
Wharton MBA
社会起業/Social Impact
キャリア/就活
Philly生活
NYC生活
東京生活
MBA受験・留学準備
書評・テレビ観戦
音楽・ミュージカル

以前の記事

2011年 08月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
more...

Twitter & ブログリンク

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧