目指せ50点(50% & 50%)

本日、数学の試験を受けました。。。そして落ち込みました。

さて、気を取り直して今日は今回の数学の試験について簡単に触れたいと思います。WhartonのPre-Termは翌月曜日の8月3日からスタートしますが、それに先立って7月30日(即ち今日)までに、Pre-Term中に数学の補修授業を取る必要があるか試験を受けて確認する必要があります。Whartonはビジネススクールの中でも比較的理論重視で定量的な分析をしっかりやる傾向があると理解していますので、その分析の基礎となる数学力を9月からの本学期前に身につけるという趣旨です。

この試験は自分が好きな時間に好きなところからインターネットをつないで問題にアクセスする方式になっています。アメリカの大学の試験ではこのフォーマットが多いようです。尚、試験自体は"Closed Book"、即ちノートや参考書等の持ち込みは一切不可です。当然、好きなところから試験を受けるため、これを監視する人はいないわけですが、個人のBusiness Ethicsを信頼してこのような形式を取っているようです。

そんな数学の試験の内容ですが、一次方程式、二次方程式、微分、積分あたりを中心とした出題範囲でした。昨日のブログで書きましたがeやらlogやらlimやらアルファベットが頻出して大混乱でした。加えて質問がただの数式を解く問題ではなく、ビジネスシーンに適用されて出題されているのです。例えば、ある会社の製造にかかるコストは製造する商品数xの関数として以下の通り表現される。その場合の限界費用の式を求め、また限界費用が最大(最小)となるのはxがいくつの時かを求めよ、と言った感じです。こう書くとこれまた簡単そうなのですが、数学の基礎能力が中学生並みの僕としては結構苦戦した訳です。

で、掲題の目指せ50点は何かといいますと、本来は本学期前に数学力を身につけるためにPre-Term中に①補修授業を受け、②授業の最終日に試験を受ける、必要があります。但し、今日受けた試験の結果が70点以上であれば①、②双方が免除され、50点以上であれば②が免除されるのです。僕の場合はそもそも基礎能力が低いので授業はいずれにしろ受けた方が良いと思っているのですが、その後の試験のプレッシャーは何とか避けたく50点を目指している次第です。

最後に1点補足しておきますとWharton生でこんなにレベルの低い話をしているのは僕ぐらいです。他の皆様は漏れなく優秀なのでこれを持ってWhartonはイケてないとご判断ならないないようにお願いします(切実)。

結果発表は明日の予定、、、yoshiの運命やいかに、、、またご報告いたします。

--------------------

さて50点にこじつけて今日ご紹介する一曲は元X Japanのギタリストhideのソロデビューシングルの50% & 50%(フィフティー・フィフティーと読みます)。様々なアルバムに収録されています(写真はベスト盤のhide BEST ~PSYCHOMMUNITY~)。

c0192625_11162866.jpg






hideのソロデビューはこの曲とEyes Love Youの2曲同時発売だったのですが、断然カッコいいのは50% & 50%です。まだ中学生だった僕は間奏のギターのタッピングに感動したものでした。hideのソロ活動自体が売れ始めたのはhide with spread beaversのRocket Diveの頃からだと思いますが、初期のソロ作品はマニアックな名曲が多いのでファンの方は必聴です。本当に素晴らしいアーティストが早くに他界して残念な限りです。
[PR]
by yoshi_525600 | 2009-07-31 11:00 | Wharton MBA


NO DAY BUT TODAY


by yoshi_525600

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

はじめに
Wharton MBA
社会起業/Social Impact
キャリア/就活
Philly生活
NYC生活
東京生活
MBA受験・留学準備
書評・テレビ観戦
音楽・ミュージカル

以前の記事

2011年 08月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
more...

Twitter & ブログリンク

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧