TeamworkとLeadershipの続き(Revive)

風邪をこじらせて更新が遅れてしまいました。。。悲しいです。さて、旬を過ぎてしまった感がとても強いのですが、TeamworkとLeadershipに関する授業の感想をまとめてみたいと思います。

この授業で取り上げたテーマの一部をご紹介すると、、、

・ 感情の取り扱い(相手の感情をいかに汲み取り、自分の感情をいかに表現するか等)
・ チームとしての意思決定の方法(議論しながら結論を導き出すのか、個々の結論を持って議論するのか等)
・ チーム内の衝突への対応(衝突によってチームの成果は向上するのか?、衝突の原因の解明と解決等)
・ リーダーシップのスタイル(性格分析を行って適正について議論等)

があげられます。

書いていて極めて分かり辛い説明だと思いますが、これらのことは実は常識的なことで日頃から無意識に実践しているであろうことが多く含まれます。ただ一方でこの当たり前のことが出来ていないケースも多々あり(だからこそチームで働くと様々な課題に直面する)、体系的に勉強することでやらなければ行けない当たり前の事を改めて意識する、という効果があるように感じました。

また、この当たり前のことが何故TeamworkやLeadershipに効果があるのか、その因果関係をデータ等を用いた理屈で説明していくことによって直感的だった物の考え方がより理論的になるという側面もあると思います。但し、これらの議論を突き進めすぎると心理学の世界に突入してしまうと思うので、ビジネスパーソンとして必要十分な知識を身につけると言うスタンスが良いのではないかというのが個人的な結論です。

なお、また改めてどこかのタイミングでご紹介したいと思いますが、この授業で学んだことを真っ向から否定するLeadership論があるのもまた事実で、隔たらない幅広い教養の重要性を日々感じています。

--------------------

さて、これからしばらくランダムにDragon Ashのお勧め曲をご紹介していきたいと思います。今日は少し元気になってきたという意味合いを含めてReviveです。写真のアルバムHarvestに収録されています。

c0192625_148785.jpg






ラテン系に走りすぎる前のミクスチャー色が強い頃のDragon Ashの曲です。英語を結構使っているのですが、個人的には日本語のみの方が良いと思います。日本のアーティストが英語を頻発するのは(しかも意味不明な言い回しや、ひどい発音で)何故なんだろうかと考えたことがあったのですが、やっぱり音に乗せるという観点にたった場合、英語の方がスムーズだからなのかなという結論に達しました。歌詞を書かれる方でご存知の方がいらっしゃったらぜひ教えて欲しいです。
[PR]
by yoshi_525600 | 2009-09-12 23:00 | Wharton MBA


NO DAY BUT TODAY


by yoshi_525600

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

はじめに
Wharton MBA
社会起業/Social Impact
キャリア/就活
Philly生活
NYC生活
東京生活
MBA受験・留学準備
書評・テレビ観戦
音楽・ミュージカル

以前の記事

2011年 08月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
more...

Twitter & ブログリンク

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧