カルロス・ゴーン(Gone)

WhartonではLeadership Lecture Seriesというものがあり1週間に一度のペースでビジネス界の大物がスピーチに来てくれます。今年に入ってからは元GS、元NYSE、元ML(BoA)のJohn Thain氏やMSのJohn Mack氏が登場していましたが、本日は日産ルノーのカルロス・ゴーン氏がスピーチとQ&Aを行ってくれました。

c0192625_11143180.jpg






いやーやっぱり前職の上司にそっくりですね。

今年の2年生の母親がゴーン氏と従兄弟同士という縁で実現したとのことでした。相変わらずすごいネットワークが存在するものだと感動していた中、ゴーン氏の経歴が紹介されたのですが30歳の時に既にタイヤ会社最大手のミシュランのブラジル統括だったとのこと。。。私もう三十路オーバーなんですが。。。

そんなゴーン氏の話はとても情熱的でエネルギーに溢れていて魅力的でした。合計90分のセッションだったんですが、その中でも特に印象に残った点を2点、備忘録代わりに書き留めておきたいと思います。

① キャリア形成について
あまりキャリア計画を練り込みすぎない方が良い。どうせその通りにならないのだから。それより知識を身に付け、経験を積み自分を成長させてチャンスが来た時にそれを掴めるようにしておくことが大事。また、その時やってくるチャンスは今の自分が想像すらしないものである可能性が高いし、チャレンジングなものであるだろうが、そのようなチャンスこそ成果が大きいものだ。

② ターンアラウンド(事業再生)を成功させるのに必要な要素
- 困難に直面して、その中で勇気を出して困難を乗り越えた経験
- 人との繋がりを形成できる能力
- 事実に基づいた判断

相変わらずHell Week中なのであまり長く感想を書けないのが残念なのですが、キャリアについては最近の一番の悩み事のなのでとても貴重なアドバイスとなりました。それにしてもこのLeadership Lectureシリーズ素敵ですね。もっと大勢の経営者の生の話を聞いて行きたいと思います。

--------------------

今日ご紹介するのがJack JohnsonのGone。。。(えっ、寒い?何か問題でも?)写真のアルバムOn and Onに収録されています。

c0192625_11193461.jpg






この曲がfeatureされているGone Goingという曲がBlack Eyed PeasのMonkey Magicに収録されていることでも有名ですね。
[PR]
by yoshi_525600 | 2009-09-28 22:00 | Wharton MBA


NO DAY BUT TODAY


by yoshi_525600

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

はじめに
Wharton MBA
社会起業/Social Impact
キャリア/就活
Philly生活
NYC生活
東京生活
MBA受験・留学準備
書評・テレビ観戦
音楽・ミュージカル

以前の記事

2011年 08月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
more...

Twitter & ブログリンク

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧