Theme Party好きなアメリカ人(New Divide)

現在、期末試験の真っ最中です。試験勉強に関する愚痴や気づきは終わってからまた書きますが、今日はそんな中でもネットワーキングと称して続けているパーティーについて少々。。。

金曜日はアジア大好きアメリカ人主催のホームパーティーとCohortのHat Partyに参加してきました。ホームパーティーはごく普通なのですが、いかにもアメリカっぽいのはHat Partyでした。このブログを読み続けて下さっている方はお気づきかもしれませんがWhartonのパーティーは基本的に何かのテーマがあるTheme Partyなのです。主立ったところでは以下の通りです。

Black Party(全身黒)
White Party(全身白)
80's Party(80年代の格好)
Walnut Walk(上はスーツ、下はパンツ)

今回のHat Partyはユニークな帽子をかぶって行く必要がありました。そもそも何でアメリカ人はパーティーにテーマを設けたがるんでしょうかね?今度Hat Partyの幹事にも聞いてみようと思いますが、個人的な意見としては「特別感と一体感の醸成」なのではないかと思います。良く言われている通りアメリカは「個」の主張が強い国なのでただ単に飲みましょう、と言うのは少人数では成立しても大人数では成立し辛いのではないかと思います。なので「今日は○○の格好で集まってはしゃごう!」というノリで集客していると考えられます。

また、実際に集まった人同士もお互い恥ずかしい格好をしていれば一気に壁も無くなりコミュニケーションも円滑に進むという効果もあります。non-nativeがパーティーで一番苦労するのはIce Breakerと呼ばれる最初の話題のピックアップですが、Theme Partyに参加していればまずはお互いの格好のことで話がスタート出来るのです。みんなで同じ格好をしていたら親近感も湧きますしね。

と、試験勉強の息抜き適当なことを書いてみましたが実態は「なんかテーマがあった方が楽しいじゃん」という軽い(てきとーな)ノリなのではないかとも思います。でもそう考えたら大勢で居酒屋で飲むのって日本人独特の発想なんでしょうかねー?

--------------------

Linkin Parkシリーズ今日の1曲は映画Transformers: Revenge of the FallenのテーマソングにもなっているNew Divideです(写真は映画のサントラ)。

c0192625_14445556.jpg






良い曲なんですけどなんか普通になってしまった気がしてちょっと物足りない感があります。Linkin Park初心者の方には入りやすい曲なのではないでしょうか。
[PR]
by yoshi_525600 | 2009-10-24 14:00 | Wharton MBA


NO DAY BUT TODAY


by yoshi_525600

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

はじめに
Wharton MBA
社会起業/Social Impact
キャリア/就活
Philly生活
NYC生活
東京生活
MBA受験・留学準備
書評・テレビ観戦
音楽・ミュージカル

以前の記事

2011年 08月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
more...

Twitter & ブログリンク

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧