領域を超えたリーダーシップ

昨日の記事の続きになりますがGovernment、For-Profit、Non-Profit/Non-Governmentのコラボレーションについてのプレゼンテーションが終わった後の教授の話の要約(意訳)は以下の通りです。

----------
通常自分が所属する領域は「○○である」「○○をする」と定義されるものなので、活動の領域が「○○でない」と定義づけされるのは異例なことである。そういう意味では政府と営利ビジネスが解決することのできない問題の解決策を探るための組織がFor Profitではない(NPO)、Governmentではない(NGO)と定義されたのは異例ながら極めて合理的な判断であったと言える(そもそも政府や営利ビジネスが問題を解決出来るのであればNPO/NGOは不要)。これらのNPO/NGOは、従来の政府対営利ビジネスという枠組みを超えた形での活動・リーダーシップを発揮する主体として期待されたのだが、やがて活動を続けていくうちに徐々にNPO/NGO自体が新たな3つ目の領域になってしまい、自分達の枠組みの中で物を考えるようになり、領域を飛び越えた活動・リーダーシップが発揮出来なくなってしまった。

Cross Sector Collaborationというと、これらの3つの異なった領域をうまく協業させることによって、例え個々では異なった目的を持っていたとしても協力関係を通じて築いた問題解決策モデルで社会問題を解決していこうという概念。但し、当然のことながら各領域には目的に加えてそれぞれの感情や価値観があり、これらの感情や価値観はとても強い力を持っているので思ったような成果があがり辛い。従って今の時代に真に必要とされているのはこれらの3つの領域を取り纏める力ではなく、これらの3つの領域を超えた次元で物を見て判断できるリーダーシップである。これらの3つの領域を空のように上から包み込む役割とも言えるし、大地のように下から支える役割とも言える。口でCross Sector Collaborationが必要と言うの簡単だがそれが実際何を意味しているのか、Cross Sector Collaborationに何が必要とされているか、今回の課題を通じて君たちにも少しは分かってきたのではないか?
----------

僕自身が教授の話を正しく理解して、正確に伝えられているか疑問ですが個人的にはまたしても深い学びがあったと感動しました。ちなみに上記文章で頻繁に「領域」という言葉を使っていますが教授は「Domain」という言葉と使っていました。

ビジネスと社会貢献の融合とかトリプル・ボトムラインの投資は所詮、各領域の枠組みに縛られいてる発想なんだと気付かされました、、、一つの領域の中で高みを極めること自体とても難しいことなのに、それを更に超越するリーダーになると言うことはその先の更に先であまり現実感がないのですが、目標は高く頑張って行きたいと思います。
[PR]
by yoshi_525600 | 2010-04-04 13:00 | 社会起業/Social Impact


NO DAY BUT TODAY


by yoshi_525600

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

はじめに
Wharton MBA
社会起業/Social Impact
キャリア/就活
Philly生活
NYC生活
東京生活
MBA受験・留学準備
書評・テレビ観戦
音楽・ミュージカル

以前の記事

2011年 08月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
more...

Twitter & ブログリンク

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧