優柔不断くんのサマーインターン向け就職活動を振り返る(採用ルート編)

リクルーティング話の続きです。日本人が就職活動をするにあたっては大きく分けて以下の3つの採用ルートがあります。当たり前のことが殆どで、改めてブログに記すまでもない事ですが、念のため基礎知識としてご紹介します。

① オン・キャンパス:学校のキャリア系のホームページ等に求人情報が掲載され、企業側も学校のキャンパスまでInformation SessionやInterviewのために足を運んでくれるパターンです。投資銀行、コンサルティング、大手事業会社で毎年定期的に採用を行っている所謂Structured Programがある会社の多くが対象となります。例えInfo SessionやInterviewをキャンパスで行わなくても求人情報を学校のホームページに乗せている会社は広義の意味でオン・キャンパスと言う括りになっています。

② オフ・キャンパス:①以外。つまり自分でネットワーキングをして、会社訪問をして、情報収集をして、応募する就職活動です。一番の王道は自分の学校のOB/OGネットワークを掘り起こしていく活動です。他にも興味のある分野のConference等のイベントに参加したりCold Call(これは少数ですが)したりと地道に活動してく必要があります。オフキャンパスの場合は「採用する気があるし、実績もあるけど大々的には採用活動をしない」という会社と「採用なんて考えていないけど優秀な人がドアを叩くのであれば検討してみよう」という2種類の会社が対象になります。中には当然門前払いなんてこともあります。

③ ボストン・キャリア・フォーラム(BCF):これはオフ・キャンパスの1種ですが日本での就職を希望される方にとってはあまりにも重要なイベントなので別枠で触れたいと思います。簡単に言うと東京国際フォーラムのような大きな会場に海外で学ぶ日本人学生(大学院生)および日本で働くことを希望している日本人以外の学生の採用をするために100社以上の企業が一堂に会するイベントです。学部生も対象なので参加者数も多く、会場は異様な雰囲気に包まれます。ただ外資系投資銀行やコンサルティング会社の多くはここでオファーを出すのも事実なので1年目と2年目の間の夏のインターン獲得を狙う人は留学前からBCFでのオファー獲得に向けて準備をします。

上記3つのプールに入っていないものとしてよくある質問にあがるのは「ヘッドハンターってMBAの採用活動では使わないのですか」というものです。これは特殊なケースを除いては殆ど無いというのが結論だと思います。もちろん情報交換等のためにヘッドハンターと話をするのは有意義ですが、ヘッドハンターが求めている人材は原則として即戦力なので「元バンカーがMBAで一休みしてPEへ転職」と言ったケースを除けば採用ルートとしてはあまり役に立たないのではないかと思います(勘違いだったら申し訳ないです。)

また食事のブログを挟んで次回は自分の就職活動体験記について書ければと思っています。
[PR]
by yoshi_525600 | 2010-08-30 18:00 | キャリア/就活


NO DAY BUT TODAY


by yoshi_525600

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

はじめに
Wharton MBA
社会起業/Social Impact
キャリア/就活
Philly生活
NYC生活
東京生活
MBA受験・留学準備
書評・テレビ観戦
音楽・ミュージカル

以前の記事

2011年 08月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
more...

Twitter & ブログリンク

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧