<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

Q2も後少し(Best of You)

気づけばQ2も後2週間授業があった後にもう期末試験です。あまりにもすごいスピードで毎日が過ぎて行くのでかなりの不安を覚える今日この頃です。かなり前になりますがブログ記事を誤って消してしまったことを書きましたがその時はQ2の授業について纏めていました。今日は今までを振り返りながらQ2に履修している授業について簡単にご紹介したいと思います(本当に今更ですが、、、)

M.W.
10:30-12:00 MGMT654 Competitive Strategy
13:30-15:00 LGST652 Ethics and Responsibility (月曜日のみ)
13:30-15:00 WHCP653 Management Communications (水曜日のみ)

T.R.
9:00-10:30 OPIM621 Decision Models and Uncertainty
13:30-15:00 MGMT621 Management of People at Work

MGMT654はビジネス・スクールならではの科目だと思います。ポーターのFive Forcesと言った戦略論の枠組みを使って現実に起きた企業の競争戦略について議論をしていきます。先生はフランス人の若手教授で生意気な学生相手に一苦労している様子が伺えますが、一生懸命な良い先生です。取り扱っている題材が大変面白いので、フランス語訛りを聞き取る為のエネルギーを他に使えると良いのですが。。。

LGST652は社会人、ビジネス・リーダーとしての倫理観について色々と議論する授業です。取り扱うテーマは環境問題や企業による不正等についてで、一見「正論」を振りかざせば良いように思われる内容なのですが教授が多面的に問題を投げかけてくるため色々と考えさせられる授業です。とても面白い事に学生はこれらのテーマを真剣に議論するタイプと馬鹿馬鹿しいと一蹴するタイプに分かれます。

WHCP653は所謂Public Speakingの練習の授業です。8人とう少人数のクラスで毎週与えられたテーマに沿ってクラスの前で録画されながらスピーチをします。この授業は僕のように人前で話す事が苦手な人間にとっては本当に良い訓練になります。Electiveでコミュニケーション絡みの授業はしっかり履修したいと思います。

OPIM621はオペレーションの最適化モデルをひたすら組む授業です。例を挙げますと、3種類のサンドイッチを作っているお店がそれぞれのサンドイッチを何個つくれば利益が最大化できるかを考る、そんな授業です。もちろん他にも色々な要素が関わってきますが。。。8年間仕事でがっつりとエクセルを使って来たのですがその際に触れることのなかったソルバー機能を多様しています。

MGMT621は人事の授業です。チーム運営、採用、モチベーション等々についてケースをベースに議論します。これも好みが分かれる授業だと思います。個人的には当たり前のことが多いかな、、、というイメージですがLeadership同様このようなテーマを「学ぶ」のは貴重な経験だと思っています。どうでも良い話ですがこの授業、アメリカ人はManPAW(マンパー)と略しているのですが日本人はマネピーと呼んでいます。

履修している科目数は週4コマと軽いはずにも関わらず読み物が多い定性的な授業が大変のため相変わらず日々勉強に追われています。結局、何コマ履修しても忙しくて追われるのであれば沢山履修して色々学んだ方が良いのではなかと思っている今日この頃です。。。

--------------------

今日ご紹介するのは正当派アメリカンロックバンドのFoo FightersのBest of Youです。写真は同曲収録のヒットアルバムIn Your Honorです。

c0192625_733520.jpg






ご存知の方も多いかと思いますがFoo Fighterは伝説のNirvanaのドラマーDavid Grohlがバンド解散後(Kurt Cobain自殺後)に自らギターを取り始めたバンドです。荒々しいけれでも洗練された骨太ロックがお好みの方にはツボだと思います。
[PR]
by yoshi_525600 | 2009-11-29 21:00 | Wharton MBA

Thanksgivingの過ごし方(Thank U)

今アメリカはThanksgiving Weekendの真っ最中です。ニューヨーク勤務の時にも感じたことなのですがサンクスギビングからアメリカ人は完全に年末モードになります。Whartonは今週は授業が水曜日までで木曜日から日曜日までの4連休のためアメリカ人は家族のもとへ、その他は旅行へ行く傾向があります。日本人仲間も大勢が旅行に旅立っています(詳しくは奥様ブログご参照)。そんな中、我が家はフィリーでのんびり、でも充実した日々を過ごしております。

木曜日は入学前のWelcome Weekendの頃から仲良くしているJonathan & Alexandra夫婦のご自宅に招いて頂きアメリカのThanksgiving Dinnerを満喫しました。手作りのアップルサイダー(ラム酒入り)でほろ酔い気分になり、ホール・ターキー、スタッフィング(オイスター入り)、マッシュポテト、スイートポテト、グレイビー、クランベリーソース、クリームスピナッチと盛り沢山の料理で快楽に溺れ、デザートのアップルクラストとパンプキンパイ(共にホイップクリームのせ)で天国に昇って行きました。これらの料理をJonathanがメインで作ったというのがこれまた感動です。食事の最後には参加した皆がそれぞれThankfulなことを皆とシェアするという、アメリカの文化にも触れる事が出来とても楽しい一晩でした。

金曜日はフィラデルフィア残留組に日本人の集まりということで2年生の方のお宅を訪問。これまた前日とは全く違った方向性でとても楽しい会でした。やっぱりWhartonに集まる日本人は(僕をのぞいて)濃い人が多いですねー。これだけキャラが立っている人の中で良く僕のような「うすい」人間がやっていけているなーと改めて不思議に思いました。この感覚は前職にいた時に感じた感覚とそっくりですね。

土曜日は15年ぶりに車の運転をしてKing of Prussiaというフィラデルフィアにあるショッピング・モールへ買い物に行ってきました。Thanksgivingの翌日の金曜日はBlack Fridayと呼ばれクリスマスに向けたセールの初日になります(小売店が軒並み黒字になることからこう呼ばれるらしいです)。この初日は午前0時から営業をしている店舗もあるほどの盛り上がりを見せるので、一息ついたであろう土曜日に参戦してきました。アメリカに来てから初めての本格的な買い物に興奮気味の1日でした。ちなみに久しぶりの運転は恐怖体験の連続でした。。。これに懲りずに今後もどんどん運転しようと思います。

--------------------

長くなってしましたが今日はThanksということでAlanis MorissetteのThank Uです。写真はThank U収録のアルバムSupposed Former Infatuation Junkieです。

c0192625_14461834.jpg






Alanisはカナダ出身の個性的な歌姫です。ファルセットを使いまくる独特の歌い方として、皮肉たっぷりの歌詞が魅力ではないでしょうか?最近ではBEPのMy Humpのパロディ曲をリリースしたことでも有名です。この曲はAlanisのヒット曲の中ではかなり地味な方ですが彼女の歌の特徴は良く現れています。
[PR]
by yoshi_525600 | 2009-11-28 18:00 | Philly生活

様々なコンペティション(Only Holy Night)

この約1ヶ月忙しくしていた一つの要因としてCase Competitionへの参加があげれます。これは何かと言うと企業がスポンサー(大抵の場合)をして一つの課題について少人数のチームでプレゼンを作り、その内容をチーム毎に競い合ういうものです。賞金もありますし、何より自分が就職したい業界のコンペティションであればWinner、Finalistと書けることはとても価値があることなのです。

僕が参加したのはMedtronicという医療機器メーカー主催のMedical DeviceのM&A戦略に関するコンペティションでした。チームは最大3名ということで、日本人のP/EプロフェッショナルYoと医療機器業界で営業をしてきた日本語ぺらぺらのアメリカ人Austinの3人で挑みました。結果惨敗、、、初めてのケース・コンペティションということもありどの程度詰めるのか(課題を与えられてから提出まで3日間)等、手探りでやったのが良くなかったのでしょう。決勝に進出した3チームのプレゼンの出来は明らかに我々のを上回っていました。。。それでも3人で一緒に作業をした経験はとても有意義なものでした。

そして、今回新たに挑んでいるのはVenture Capital Investment Competition(略してVCIC)。これは文字通り自分たちがVCになりすましてビジネスプランに対して投資をするか、する場合バリュエーションをどうするか、タームシートのドラフトと合わせて提出します。今回のチームは総勢6名。WhartonならではのDiversityにあふれた素敵なチームです。このチームと作業するだけでも楽しいです。

- Ripan(元PE出身のアメリカ人。本チームのリーダー)
- Todd(元Biotech VC出身のアメリカ人。タームシートに詳しい)
- Annie(元レストラン経営者のアメリカ人。頭の回転が速い)
- Bhavin(元コンサルタントのイギリス人。VCに対する熱い思いをもつ)
- Dhruv(元半導体企業のエンジニアのインド人。技術や数字に強い)
- Yoshi(元バンカーの日本人。ハッタリでなんとか生存中)

VCICは、Wharton内の選考を勝ち抜くことが出来ればWhartonの代表として他のビジネスクールも交えたセカンド・ラウンドへの参加権が手に入ります。今回は所謂クリーンテック・ベンチャーの評価で、ベンチャー企業の価値評価等、未経験の分野について色々学ぶことが出来て大変充実してました。Q2の主要教科のレポート提出日とボストン・キャリア・フォーラムと日程がもろかぶりだったのがえぐかったですが、、、

もう少しこのチームで一緒に色々とプロジェクトをやりたいものです。他にもSocial VCIC、ビジネスプラン・コンペティション等、色々なコンペティションがあるので時間をやりくりして参加していきたいと思います。

--------------------

年末も近づいてきた今日ご紹介するのはSteady&Co.のOnly Holy Storyです。何で今更こんなに古い曲なのかと言いますと何と今月iTunesでシングル曲としてリリースされていたのです。写真は同曲収録の2001年のアルバムChambersです。

c0192625_7472812.jpg






ご存じの方も多いと思いますがSteady&Co.はDragon AshとKenjiとDJ BOTS、Rip SlymeのIlmari、スケボーキング(いまだにこのバンド名はどうかと思いますが)のShigeoの4人と期間限定ユニットでした。この曲Onlly Holy StoryはwyolicaのAzumiがfeatureされています。青山テルマやらJUJUやら似たような形でヒットしてますが、今聞いてもこの曲は色あせないですねー。

あまりにも懐かしかったので思わず取り上げてみました。
[PR]
by yoshi_525600 | 2009-11-27 18:00 | Wharton MBA

復活します(Alive)

この1ヶ月弱は怒濤のような日々でした。勉強、課外活動、就職活動、プライベートと人生でトップ5に入る厳しさでした。。。そのためブログも完全に休止状態で反省しています。実は色々とブログに書きたいことも溜まっているのでThanksgiving Holiday中にどんどんアップデートしたいと思います。

--------------------
まだ生きてますソング(少し前にもこんなテーマでご紹介した気が。。。)はPear JamのAliveです。90年代前半にJeremyを収録したファーストアルバムTen(写真)で一躍トップスターの仲間入りをしたバンドです。

c0192625_14524715.jpg






ただとても残念なことにこのファーストアルバムを超えるアルバムをその後、制作する事はなかったというのが私見です。。。厳しいですね、音楽の世界も。
[PR]
by yoshi_525600 | 2009-11-25 14:00 | Philly生活

アジア人との夕食会(アジアの純真)

昨晩は仲の良いアジア人夫婦5組(アメリカ国籍の人もいるんですけどね)でポットラック・パーティーを行いました。中国2組、韓国1組、シンガポール1組、日本1組の集まりでしたが、豪華なアジア料理の数々と深夜までのゲーム大会で大変盛り上あり、最高に楽しい時間を過ごすことができました。

面白い発見、経験がいくつかあったのでご紹介を。。。(得意の箇条書きです)

- ポットラックにも関わらず主催者の中国人の奥様は大量の中華料理を用意してくれました。お客さんを招待した時にご飯が足りない、というのが失礼に当たるため多めに用意する風習があるのでしょうか?
- みんな枝豆が大好き(アメリカ人も含めて枝豆嫌いな人に会ったことがありません)
- 麻雀はアジア人には共通の娯楽。僕は未経験なのですがアジア人奥様がお互いに教えあいながら雀卓を囲んでいる姿はとても新鮮でした
- その間、男性陣はウィニング・イレブンとWiiで大盛り上がりです(子供ですね)
- その後は数時間にも及ぶTexas Hold'em Poker大会
- 僕は賭けごとに向いていないらしく負けまくりました(Alexの皆様:でも楽しんだよー)
- 日本人はひたすら語りますが、欧米式はゲームをしながら(カードゲームだったり、ボードゲームだったり)コミュニケーションを図るようです。当然ビールを片手に
- 話は変わって、なんと男性陣は全員金融機関出身。。。
- 就職に関しては冬休みを使って香港にネットワーキングに行く人が大半

近いうちに我が家で大貧民大会をしたいと思いました(ホント気楽な学生のノリですね)。

------------------

今日はそのまんまですがアジアの純真をご紹介。Puffyのデビューって衝撃でしたよね(突然)。井上陽水と奥田民夫が作詞・作曲という豪華なデビュー、懐かしいですねー。


c0192625_8273583.jpg






写真はベストアルバムのHit & Funです。結局途中からアメリカでPuffyのアニメキャラクターが人気で日本での活動が減ったり、それぞれ色恋沙汰が話題の中心になったりでフェイドアウトしてしまいましたが一世を風靡した言っても過言ではないでしょう。いまだにカラオケに行くと必ず歌う人がいますしね。
[PR]
by yoshi_525600 | 2009-11-08 20:00 | Philly生活

ショック!(I Believe in a Thing Called Love)

一生懸命ブログを書いていたブラウザを間違えて閉じてしまった。。。

あと、もう一つショックなのはフィリーズが負けたこと。敗因は松井。でも松井の活躍は日本人的にちょっと嬉しい。一方で学校では松井の活躍を喜ぶことは難しい。。。なんだかとても複雑な気分でした。フィリーズが負けてとても残念な気持ちなってしまった自分に正直びっくりしました。滞在期間4ヶ月程度でこんなに愛着がわくもんなんですね。

消えてしまったブログは気を取り直して明日以降書きたいと思います(大した内容では無かったんですけどね、、、)

--------------------

ではせめて曲の紹介は真面目に。。。本日ご紹介するのはイギリスのロックバンドThe Darknessの衝撃的なデビュー曲I Believe in A Thing Called Loveです(写真はデビューアルバムのPermission to Landです)。

c0192625_13172799.jpg






Oasisのリアム・ギャラガーが夢が一つ叶うならばThe Darknessをこの世から消したいと言ったとか、言わないとか、、、昔のフレディー・マーキュリーが来ていたような白い全身タイツに身を包んでハイトーン・ボイスで叫ぶボーカルのジャスティン、濃すぎです。

若干キャラが目立ちすぎている感はありますがこの曲、ギターのリフといい演奏はかなりかっこいいので純粋にロックを楽しみたい人にもお勧めの一曲です。
[PR]
by yoshi_525600 | 2009-11-06 19:00 | Philly生活

Philadelphia Zoo(Animal)

アメリカで最初の動物園、Philadelphia Zooに行ってきました!車がないのでタクシーで片道10ドル程度で行ったのですが、レンタカーをして駐車場代を払うことを考えるとかなりお得に行ける場所でした。

かなり大勢の動物さんたちが収容されており久しぶりに童心に帰って楽しんでしまいました。大好きなライオンさんとペンギンさんに会えたのはうれしかったのですが、本日特に素敵だったのはフラミンゴさんの集団。何故か片足で立ち、首を180度反対側に回して頭をお腹の上に乗せて微動だにしない姿は神秘的ですらありました(大袈裟か、、、)。

なんだか幼稚園生の日記みたいになってしまいましたがPhiladelphia Zoo結構おすすめです。

--------------------

今日は動物さんたちに敬意を表してDef LeppardのAnimalのご紹介です。ほぼ20年前の大ヒットアルバム(写真)Hysteriaに収録されています。

c0192625_16153943.jpg






昨日に続いて古き良きロックバンドのご紹介でした。
[PR]
by yoshi_525600 | 2009-11-01 22:00 | Philly生活


NO DAY BUT TODAY


by yoshi_525600

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

はじめに
Wharton MBA
社会起業/Social Impact
キャリア/就活
Philly生活
NYC生活
東京生活
MBA受験・留学準備
書評・テレビ観戦
音楽・ミュージカル

以前の記事

2011年 08月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
more...

Twitter & ブログリンク

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧