<   2010年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

フォークを使えない子供たち

先週末、夕食にご招待頂いたWill & Angelaご夫妻とはJapan Trekを通じて仲良くなったのですが、その際にアメリカの教育事情について面白い(笑えないけど)話を聞いたのでちょっと共有させて頂きます。

最近、一部の小学校では給食に手で食べられるもの(サンドイッチとかハンバーガーとか)しか出さないとのこでした。何故ならフォークやナイフは武器になり得るから。。。そしてこれは他の誰でもない学校側が何か起きた時に法的な責任を追及されることを恐れているため、決めたことのようです。一瞬笑い話のようですが裏には公立学校の著しい質の低下が原因として挙げられます。毎日子供が無事に帰ってくるまで安心出来ない、そんな気持ちで子供を学校に送り出す親のことを考えると笑えない話だとすぐ気付きます。

ですのでAngelaは「子供が出来たら絶対に私立よ!」と言っていましたし、Angelaの友人も自宅で自分達で子供を教育すると宣言していたそうです。但し、治安及び環境の悪い学校に子供を通わせているのはそもそも選択をするだけの財政的な余力が無い家庭の人が大半なので、多くの人にとってはあまり現実的な解決策ではないのかも知れません(そもそも私立や家庭教育が良いかという議論は置いておいて)。これは貧富の差が激しいアメリカでの話なので、地域によってはクオリティの高い公立の学校があるところも沢山あると思います。従って一般化は危険ですが、教育は社会の大きな問題の一つであることは間違いありません。

以前も少し書きましたが現在Social Impact and Responsibilityという選択科目を履修しているのですがその中でも「教育」に関するケースを取り扱う機会がありました。またNon-Profit Leadership Developmentの授業でのチームプレゼンテーションではFor Profit Education(営利の教育機関)の可能性についてというテーマを勉強しているチームもありました。それぐらいアメリカ人は教育に対する関心が高いと言えます。ご存じの方も多いと思いますがTeach for AmericaというNon-Profitは大学生の人気就職先ランキングで常にトップ10に入る程です。

そんな中、日本の教育制度はどのような問題を抱えているのだろうか?と考えてみたのですが思いの他、自分の知識が欠落していることに気付きました。モンスターペアレントと言った新しい言葉も出来たようですし、日本の教育制度についてもう少し掘り下げて勉強をしてみたいと思うきっかけになったディナーでした。
[PR]
by yoshi_525600 | 2010-03-30 23:00 | Philly生活

Q4の時間割

そう言えばQ4の時間割の書いていなかったことを思い出したので早速ご報告です。Q4はQ3から継続して履修しているElectiveはそのままなので、Core 2つとElective 1つがCore3つ(太字)に入れ替わっただけです。


月曜日
09:00-10:30 Global Strategic Management (Core)
13:30-15:00 Operations Management ll: Supply Chain Management (Core)
15:00-16:30 Pharmaceutical, Biotech, Medical Device Industries (Elective)

火曜日
13:30-15:00 Marketing Management ll: Marketing Strategy (Core)
16:30-18:00 Social Impact & Responsibility (Elective)

水曜日
09:00-10:30 Global Strategic Management (Core)
13:30-15:00 Operations Management ll: Supply Chain Management (Core)
15:00-16:30 Pharmaceutical, Biotech, Medical Device Industries (Elective)
16:30-20:30 The New Leadership Frontier (Non-Wharton Class)

木曜日
13:30-15:00 Marketing Management ll: Marketing Strategy (Core)


Global Strategic Managementは陽気で教育熱心なブラジル人教授が教える文字通り企業のグローバル戦略の授業。カルフォニア・ワインのRobert Mondaviや時計メーカーのSwatchのケース等を早速議論しました。Q2の競争戦略の授業もそうですが、フレームワークを勉強し、それを実際に起きた事例に適用するという形式の授業は結構好きみたいです。授業の前日の夜10時までに毎回小クイズを回答する必要があるのが結構大変ですが。

Operation Management llは嫌いです。Coreで3つ目のオペレーションですがひたすら細かい数字の計算で何が面白いか理解できません。。。しかし何でCoreに3つもオペレーション授業があるんだ!?教授はロシアなまりが強く、見た目はオタクっぽく、むっちりした服装をしている不思議さんです。でも授業の進め方は上手いと思います。ただ内容に全く興味を持ていない。。。口癖は"Questions? Complaints?"これも修行(勉強)と耐えて頑張りたいと思います。

Marketing Management llはノリノリの黒人先生が教えるシミュレーションを中心としたちょっと変わった授業です。Q3では一緒に作業をすることが少なかったLearning Teamと再びがっつりとシミュレーションをすることになります。シミュレーションの内容はまだ始まっていないこともあり詳しく説明するほど知識がないのですが、激死するチームが続出する破壊力のある授業のようなのでチームメンバーとしっかり話して要領よくこなしたいと思います。
[PR]
by yoshi_525600 | 2010-03-28 23:00 | Wharton MBA

整理整頓

ブログをちょっと整理しました。

カテゴリ数を減らしてみたり、表示できる「以前の記事」を5か月分に減らしてみたり、、Twitter始めてブログパーツを貼ってみたり、友達のブログへのリンクを貼ってみたり。少しは見やすくなったかなと。他にアドバイスがあればぜひ教えて下さい!

あと、コメントへの正しい返信の仕方が分かりました。今までは普通に皆さんと同じようにコメントをしていたのですが、ちゃんとしたやり方があったんですね(直近の返信ご参照)。

小さな成長を実感する土曜日の午前です。
[PR]
by yoshi_525600 | 2010-03-27 10:00 | Philly生活

Mobile Internetのカリスマ

さっそく書き留めて置きたいことがたまってきています。1日に1つ以上、学びや気付き、想い出になるイベントがあるこの生活をもっと大事にしなければと思う今日この頃。。。もっと真面目にブログをつけておけば良かったなと改めて反省しています。

さて、本題ですが昨日現慶應義塾大学教授、元NTTドコモ役員でありWhartonの大先輩でもある夏野さんの講演会に出席してきました。ご存じの方も多いと思いますが夏野さんはi-modeを事業化されたモバイル業界におけるカリスマです。モバイル・インターネットの将来やキャリア、セットメーカー、コンテンツ・プロバイダー、インターネット企業等のそれぞれのビジネスモデルについて色々と考えさせられる良い講演だったと思います。そんな中、講演の内容と直接的に関係ないところで気付いた点が2つあります。

c0192625_473040.jpg








1つ目は自分の視点はやはり「ビジネス」なんだということ。夏野さんのお話を聞いている時は常に事業モデルとか、マネジメントとか、付加価値とか、利益とかそういうところに着目しながら話を聞いてました。一方でパートナーで(奥様)で参加されたいた数名の視点は「消費者、ユーザー」であり、同じ講演を聞いていたにも関わらず感想が随分違ったことにハッとさせられました。ロースクールの方は「法規制」、技術者の方は「テクノロジー」、公共政策学校の方は「開発」といった形でそれぞれのフィルタを通して話を聞いていたのでしょう。少しでも多くのフィルタを身につけて物の見方を多様化させたいものです。

2つ目はビジネスリーダーとしての存在感の構成要素。当然それぞれのビジネスリーダーに個性があるので皆さん同じ要素を持っているわけではないのだと思いますが、夏野さんの講演を聞いていて感じたのは

① 実績 Track Record
② 知識 Knowledge
③ 自信 Confidence
④ ビジョン Vision
⑤ 情熱 Passion

の5項目でした。これから他のビジネスリーダーの講演中もどんな要素が顕著かを観察していきたいと思います。意外と共通項目が多いのじゃないかと思いはじめています。
[PR]
by yoshi_525600 | 2010-03-26 23:00 | Wharton MBA

One for All & All for One

「一人は皆の為に、皆は一人の為に」は三銃士の中に出てくる有名な言葉ですが、自分は多くの人の支えがあって初めて生きていけているということを新たな視点で気付かせられたので共有したいと思います。

朝起きたら僕はまず朝食をとります。例えばある日の朝食が食パンのトーストにバターとイチゴのジャム、スクランブルエッグ、ベーコンに簡単なサラダ、そしてコーヒーとオレンジジュース、だったとしましょう。

ここで考えます。これらの食材、調理器具、食器が無ければ僕は朝食をとることが出来ません。

食材をとってみれば、原材料を生産している人(小麦粉、卵、コーヒー豆、野菜等)、加工して商品をつくっている人(パン、ケチャップ、ジャム、ジュース等)、販売している人(スーパー、コンビニ等)、インフラを建築している人(お店、道路等)が必要不可欠な要素の例として挙げられます。

続いて原材料のコーヒー豆をとってみましょう。まず畑が必要です。次に畑を耕す道具が必要です。もちろん農民も必要です。更に肥料や水も必要でしょう。収穫したらそれを郵送する手段も必要ですね。

農民が生きていくには何が必要でしょうか?最低でも衣食住が必要です。

もうなんとなく言いたいことは理解して頂けたのではないかと思います。例として単純化していますがこの理屈で自分の1日の生活を振り返ってみると(本気でやると1日以上の時間がかかると思いますが)、世界中の一人一人がいるから、むしろいるおかげで、自分が生活出来ていることが分かるでしょう。日本人やアメリカ人もいればアフリカ人や東南アジアの人もいます。男性もいれば女性もいます。子供も大人もいます。逆に言うと自分の活動も世界中の人々になんらかの影響を与えているとも言えるでしょう。

これを理解することが実生活にどのように役にたつのか?と言われたら答えるのに困ってしまいますが、このようなものの考え方出来るようになったこともMBA留学の価値の一つなのかなと思います。(厳密にはSocial Policy & Practice Schoolの授業で気付かされたことですが)この考え方は本当に当たり前のことを言っているだけなんですが、こういうものの見方の中に、世界をより良くするヒントがあったりするのではないかと思ったもします。
[PR]
by yoshi_525600 | 2010-03-25 19:00 | Wharton MBA

Summer Public Interest Fundの存在

今日は就職活動の一環としてSummer Public Interest Fundなる組織の説明会に行ってきました。名前だけを見ると企業名のようですが、これはNPOや公的セクターで夏のインターンを志している学生へ資金提供をする団体です。個人的にはとても素晴らしい団体(仕組み)だと思うので簡単にご紹介させて頂きます。

以前も少し触れたかもしれませんが、アメリカでは社会的な意義を持つ事業を営んでいるNPOや公共団体に就職をしたいと考えている学生は数多くいます。ただ一方で採用する側のNPOや公共団体は所謂MBA生を対象にリクルーティングしている企業(投資銀行とかコンサルとかファンドとか事業会社とか)が支払うような給与は当然支払うことが出来ません。。。MBA生の大半は大きな借金をして学校に来ていますのでこれは深刻な問題です。志は高く非営利で働くことを夢見ているものの、ローンの返済のための資金確保も必要なためNPOへの就職をあきらめる学生も多くいるようです。

そこでSPIFのような組織が活躍します。SPIFは文字通りファンドなのですが資金源はWhartonの学生です。この季節になるとSPIFはWhartonの学生に対して「自分の同級生で非営利で夏のインターンをしようとしている人たちを支援するために寄付をしないか?」と持ちかけます。目安としては自分が夏にインターンする先(例えばコンサル)の給料の1%と言われています。数字は適当ですが、例えば2カ月で100万円の給料を支払うインターンを確保している人は1万円を寄付します。もちろんこれは任意なので寄付したければすれば良いだけです。

こうしてWhartonにいる1700名近い学生の何割かが個々で小額ながらファンドへ寄付をします。例えばこれで300万円集まったとしましょう。これだけであればいい話なんですが、ちょっと物足りないところなのですが、Whartonはここで集まった金額と同額をWhartonとしても寄付をすると宣言してます(上限はありますが)。なので学生の間で300万円集まったら実際にファンドに集まる資金は600万円になるわけです。この600万円を選考を受けて選ばれたNPOや公共団体で夏のインターンをする学生に給与補填という形で配分するのです。もちろん悪意を持って資金を取りに来る学生を避けるため資金援助を希望する学生側のアプリケーション・プロセスは結構厳しいようです。

クラスで自分の隣に座っているNPOを目指している友達を助けるために寄付をすると、それが倍になってその学生へ資金が提供される、そんな素敵な仕組みです。こういう仕組みが存在することによって、優秀な人材が非営利や公共セクターに輩出されて行くのがアメリカの凄いところだと改めて関心させられました。
[PR]
by yoshi_525600 | 2010-03-23 23:00 | 社会起業/Social Impact

Small Group Workshopに参加して

今週末のPhillyは最高の天気に恵まれました。そんな中、25人の他の1年生と共に週末3日間連続で9-17時の間キャンパスの小さな会議室に缶詰めになってLeadershipとGroup Dynamicsについて学ぶSmall Group Workshopに参加してきました。このWorkshopに将来参加する人もいるかも知れないので内容についてはあまり多くは語れないのですが、今まで経験したどんな学習経験とも異なる不思議な体験でした。

このWorkshopは所謂Experiential Learningでした。なので先生と生徒という人間関係や力関係が存在せず、学びの多くは13人の同期から得るものになります(26人を2つのグループにわけたので)。序盤から中盤はこの経験を通じて結果的に何を学ぶかがあまりに不透明なため不安になることもありました。また、26人のうち1人は学びが無いと2日目の途中で脱退してしまいました。。。但し結果として個人的には多くの学びがあったと感じていますし、この経験からの学びはこれから将来にわたってじわじわと実感出来るのではないかとおぼろげながら感じています。

ここからは学んだこと・得たものに関する備忘録です。一見当たり前のことが多いのですがチーム形成やリーダーシップの観点から考えると色々と目から鱗でした。

① 人は皆、他人の行動を通じて自分の価値観を見つめている。例えば体の大きなアメリカ人男性がグループの中であまり発言しないのを見て意外と思うのは、アメリカ人男性がアグレッシブと考えている自分の価値観があるから。人種・性別・容姿等がこの対象となりやすい
② チームのカルチャーはチーム形成の初期のチームメンバーの言動に大きく左右される。例えば自己紹介のフェーズで自分の弱み等について積極的にさらけ出すメンバーがいることで「このチームの中では構えなくても良いのではないか」という考えが皆の頭に浮かび、よりオープンなカルチャーが形成される
③ 同じ事象・言動に対する反応は人によって大きく違う。例えば会話の途中の沈黙を落ち着かない・不安と感じる人もいれば気にならない人もいる。
④ リーダーシップのスタイルは一つではない。例えば発言回数が極端に少ない人でも存在感を発揮してその場でリーダーになることがある
⑤ 自分が所属するチームのカルチャーと自分の性格は大きく異なることがある。例えば個人としては議論好きでアグレッシブにも関わらず、その個人が所属するチームはとても穏やかなカルチャーである
⑥ ただ忘れてはいけないのはその穏やかなカルチャーを醸成にアグレッシブな個人の存在が貢献・影響している。従って個人の性格とチームのカルチャーが異なるにも関わらず個人にとってチームは居心地が良い
⑦ もうひとつの例としてアメリカ的、日本的とリーダーシップをカテゴリー化しがちだったけどアメリカ人が比較的多かった自分のいたチームがとても日本的な文化を持っていた(そもそもアメリカ的、日本的とは?という議論は置いておいて一般的な考え方において)
⑧ チームの形成については色々な理論があり、今回のworkshopに参加した2つのチームも例外なく理論に沿う形でチームを形成していった。従ってこのようなトピックでも理論について学ぶ意義は多分にある
⑨ リーダーシップ、権力、コントロール(支配)は異なるニュアンスを持っている。権力を持っている人がリーダーとは限らないし、特に何もコントロールしないでもリーダーになれる
⑩ 権力に対する考え方が人によって大きく異なる。そもそも何を権力と感じるか、権力に対してどう接するか、権力をもった者に対して反感を抱いた時にどう行動するか、色々な価値観がある
⑪ 何か明確な目標がないと不安になる人が多い。例えば今回のWorkshopでは目的・目標をひたすら追求する人が多くいた。
⑫ 異なるカルチャーの2つのチームの個人が共同で作業すると自分の所属するチームのカルチャーを担って発言・行動する。とても面白かったのが、個人としては比較的アグレッシブな人が穏やかなカルチャーを醸成したチームに所属していて、別のアグレッシブなチームとの共同作業があった時には、穏やかなカルチャーを持って作業に挑んでいた
⑬ カルチャーはとてもパワフル。わずか20時間一緒にいたチームにも関わらず自分たちのカルチャーに対する帰属意識はとても強かった。例えば別のチームから自分の所属するチームのカルチャーに対する攻撃的なコメントがあった時には皆、弁護する立場に回った
⑭ 自分のカルチャー・価値観から異なったものに対しては批判的になることが多い。これは個人によるところも大きいのかも知れないが、自分の常識では理解できないこと、特にそれが自分の常識に疑問を呈するものであると、「拒否・反発」の感情が表れる
⑮ これらの話は全てright or wrong、better or worseで評価すべきではなくdifferentと理解すべきものだ。ただ白黒つけるべき、とのカルチャーで育った人にとってはright or wrongで評価すべきものになるので、僕のこの意見も自分が経験したカルチャーによって大きなバイアスがかかっている
⑯ 生い立ちが個人の価値観に与える影響は想像通り大きい。親との関係、兄弟・姉妹の構成等は研究である程度の実証されている通り個人の価値観に影響を及ぼしている
⑰ チームのダイナミックスにはどのようなプロセスが大きな影響を与える。例えば議論の仕方をひとつ取ってみても、チームとして「話している人が話し終わってから次の人は話しましょう」というプロセスを確立するチームもあればプロセスを確立しないチームもあり、当然それぞれ違ったカルチャーを構築していく

もっと多くの発見があった気がするので、今後も思い出したら追記していきたいと思います。このWorkshopに臨む前に言われたこととして、「このworkshopでの経験やtakeawayは参加していない人には理解出来ないだろうし、説明しても理解させるのは困難」と「この経験は3日間、チームメンバーと一緒にいる時間だけで完結するものではない」ということでした。なので、上記の備忘録が意味不明だったとしてもご容赦下さい。上記に加えて僕自身のこととしてメモして置きたいのは

① 自分のスタイルはそれなりに評価されるしappreciateされるという実感を持てたし、それが自信にもつながっていくと思う
② 自分の中にも状況に応じて異なったリーダーシップスタイルが存在していることに気付いた
③ 自分がどのような事象に対して、どのように反応する人間なのかを再確認できたし、その反応自体が自分がどのような価値観を持っているか、というこをと気付かせてくれた
④ 上記の細かいことを自分がリーダーになった時に、新たなチームの一員となった時にどう生かしていくかが今後の課題

あとこのworkshopの一貫として12 Angry Menという映画を見ました。グループダイナミックスやネゴシエーションの授業で良く見る映画らしいのですがとても面白かったです。教材としても秀逸ですが映画としてもクオリティが高いと感じました。

今日はworkshopの興奮が冷めないうちにと沢山書きましたが、今後は例え短くとも気付いたことはしっかりと忘れないように記していければと思います。
[PR]
by yoshi_525600 | 2010-03-21 22:00 | Wharton MBA

ブログの再開に当たって

一か月以上放置していたブログですが、このまま閉鎖してしまうか結構悩みました。一方で今年に入ってからの3カ月弱はとても学びや気付きが多く、それをちゃんと自分の中で消化してアウトップトとして整理していなかったことを反省しています。せっかくの学びや気付きも放っておくと風化しちゃいますからね、、、

ということでこのブログの在り方についても少し考えてみました。今までは音楽紹介を毎回したり日常の出来事に関する他愛の無い話が多かったのですが、今後ブログを継続するためにも日々の負担の軽減させる必要を感じましたし、ブログの目的も僕自信の学びの吐き出しに重点を置いていきたいと思います。

ですので音楽紹介は一時中断、ブログの文体も備忘録的になり、今まで以上に独りよがりブログになってしまいそうですが、それでも興味をお持ち頂けるようでしたら引き続き宜しお願い致します。
[PR]
by yoshi_525600 | 2010-03-20 23:00 | はじめに


NO DAY BUT TODAY


by yoshi_525600

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

はじめに
Wharton MBA
社会起業/Social Impact
キャリア/就活
Philly生活
NYC生活
東京生活
MBA受験・留学準備
書評・テレビ観戦
音楽・ミュージカル

以前の記事

2011年 08月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
more...

Twitter & ブログリンク

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧