Wharton Welcome Weekend - Day 4(I Will Follow)

そろそろ飽きて来たフィラデルフィア訪問記ですが後少しです。。。

4日目は家探しの必要もなく、「いよいよ朝から学校へ!」と普通は思うところを無職暦も1ヶ月過ぎ、ダメ人間化が着々と進んでいるため、午前中は近所の買い物スポット探しということでWhole Foodsまでお散歩してきました。懐かしの商品の数々に感動をしつつ、夏からの生活をいかにこれ以上増量せずに済ませるか考え込んでしまいました。意外とWhole Foodsが遠かったこともあり、お散歩&昼食(Cosiというファーストフードレストラン)で午前中はあっと言う間に過ぎて行きました。

さて午後は本ブログをご覧になっている方が一番興味があるであろう(と勝手に推測する)WWWのイベントに出席してきました。まずは各クラブがブースを出している会場へ。ノリは大学の入学式後のオリエンテーションとサークル勧誘と同じです。とりあえずJapan Club、Social Impact Club、Wharton Community Consultant、Golf Club、Wine Club等々のブースを巡り話を聞いてきました。ビジネススクールは優先順位をつけて生活をしないと時間が全く足りなくなると言われて来たのですが、ここでその意味がわかり色々と悩んでしまいました。。。これから渡米をするまでの数ヶ月、自分の中での優先順位を明確化させて、どういう活動に身を投じて行くのか真剣に考えようと思います。

そんな中、日本人として初めてWhartonの生徒会長に選任されたShockyouさんにお会いしました。爽やかでありながら、シャープさを兼ね備えた彼のような人が先輩としていることを少し誇りに思いました。やっぱり比較的年齢層が低いトップ校には無い魅力がWhartonにあることを再確認しました(負け犬の遠吠えという説もありますが)。Shockyouさんはあるイベントで100人以上の合格者を前にスピーチをされていましたが、英語の発音はもちろん、話すスピード、間の取り方等、人を惹き付ける話し方を習得されており、負けてはならぬと良い意味で刺激を受けました。改めて自分が何をすべきか、初心を忘れずに、、、悩みは多いものです。

次のイベントはWharton Live!自作のミュージカルやタップダンス、アカペラ、各国の伝統芸(ここでも日本チームはソーラン節を披露)のパフォーマンスを満喫しました。本当に忙しい中、どうやってこれだけの時間を見つけるのか不思議でならないのですが、time managementはビジネススクールで身につける必要のある重要なスキルの一つなのでしょう。各パフォーマンスの間には二人の副学長がスピーチをされていましたがやっぱりアメリカ人は所謂Pump Up Speachが上手ですね。自分がこの場に入れることが如何に幸運で誇らしいことか、加えて自分が如何に優秀かということを着々と洗脳していきます。卒業生は皆、自分が通った学校の宗教的なファンになるのはこういった環境の中で2年間過ごすからなのでしょうか。

尚、このパフォーマンスはかなり18禁な感じでF wordは連発されますし、人によっては不快感を表すこともあるのではないかと思ってしまうような内容でした。個人的には大爆笑でしたが。例えば、「各国のトイレットペーパー」というスライドではインドの横に手の写真があったり、、、もう一つ、さすがアメリカと思ったのは教授も積極的に参加していることです。先輩から是非仲良くなるようにと強く進められたAlex Edmansを一目できることが出来たのは収穫でした。年齢は僕と同じか若いぐらい、、、世界には飛び抜けて優秀な人が沢山いるものです。

イベントの締めは博物館を貸し切ってのレセプション・パーティー。しかも洒落ていることに普通のレセプションではなく「デザート・レセプション」でした。ミニデザートやお菓子があちらこちらに並んでおり、ちょっとしたお菓子の家のイメージでした。ここでも飲み物がお酒なのは食べ合わせとして??でしたがこの国ではアリでしょう。途中ラテンアメリカクラブによるブラジル音楽の演奏があったりと大変盛り上がった夜でした。その後クラブ巡りがあったのですがお年寄りはここで退散。大変充実した1日を過ごしました。

明日は最後のDay 5です。。。

ーーーーーーーーーー
今日は尊敬する先輩や教授に続けという意味も(強引に)込めてU2のデビュー曲のI Will Followをご紹介します。収録されているのは1980年に発表されたファースト・アルバムのBoy(写真)です。

c0192625_112409.jpg






U2の楽曲のコアとなるThe Edgeのエッジのきいたギター(但し名前の由来は顔や鼻の形が角立っているからというのが本人談)、リズム隊(Adam ClaytonとLarry Mullen Jr.)の安定した演奏とBonoの伸びのあるボーカルが健在です。比較的ゆったりとした曲を紹介続いたので今日はアップテンポな違ったU2の魅力がご紹介出来ればと思いました。I Will Followと似たカテゴリーの曲にはNew Years Day、Sunday Bloody Sunday等が挙げられます。U2の若さを感じることができます。
[PR]
# by yoshi_525600 | 2009-04-28 11:00 | Wharton MBA

Wharton Welcome Weekend - Day 3(All I Want Is You)

記憶が風化する前にフィラデルフィア訪問記の続きを。

3日目はフィラデルフィアの不動産最大手Alan Dombのおじさんとの待ち合わせから始まりました。しかも紹介してもらえる物件は本命のマンションDorchester。天気も3日目になりようやく快晴。どんどんと興奮してく僕。但し、ここで前職で学んだExpectation Controlをフルに導入し、期待値を思いっきり下げておくことにしました。待ち合わせに10分遅れた担当者のPaulが紹介してくれた最初の部屋は、、、最高でした!!南向きの門部屋。キッチンは若干古いものの、トイレ・バスの水回りはきれい、部屋も広く、収納もばっちり。まさに一目惚れ。唯一の問題は予算を若干オーバーしている点でした。

その後、他のマンションも含めて数部屋見学をさせてもらうものの、一度惚れたあの子のことが忘られられず、他の子は欠点ばかりが目立ってしまいました。昼食中に緊急家族会議を開き予算オーバーを許容するかを協議。満場一致で予算オーバーを許容し、代わり質素な生活をすることに決定しました。白熱した会議の所要時間は約2分でした。昼食後は善は急げと早々に契約プロセスに入るべく、Alan Dombのオフィスを訪問しました。さすがは押しの強い営業マンのPaul、その場で契約書にサインすることを執拗に迫って来ましたが、こちらも日本人であることを武器にして、日本の両親と話をする必要がある(未成年か、、、)とゴネて夜まで時間を稼ぐことに成功しました。

この間、学校では様々なインフォメーション・セッションやイベントが行われていました。夜はWhartonを含めその他のU Penn在籍の日本人によるJapan Nightが催されるので、それには何とか間に合うように必死に契約書の読み込みました。途中、アメリカン・スタンダードがどこにあるか分からず昨日訪問をさせて頂いた先輩に電話し、色々と相談にのって頂きました(連日ありがとうございました)。その結果、送金のみを残して物件の確保に成功しました。次はその足で急いでJapan Nightのイベント会場へ。日本食にありつけることを期待していたのですが。。。

人生全てはうまくいかないものです。ここで罰が当たりました。遅刻した会場には食事は残っていませんでした(涙)。でも在校生によるソーラン節のパフォーマンスは噂通り最高でした。音楽をiPodから流す時に間違ってスピッツのスターゲイザー(「とおーく、とおーーく♫」ってやつです)が流れた時は爆笑でした。自分が夏からこのグループの一員になる実感はまだ生まれませんでしたが、夏からの学生生活に対する期待(と芸をしなくてはならない不安)は少し高まりました。後、U Pennの日本人コミュニティの大きさと日本好きの外人の多さにはちょっとびっくりしました。

イベント後、あまりにもお腹がすいたので日本食レストランで鍋焼きうどんを堪能。近くにまあまあ食べられる日本食レストランがあって一安心したところで就寝。最大の成果を挙げたDay 3は無事終わり、Day 4へと続くのでした。

ーーーーーーーーーー

さて、本日ご紹介する曲はRattle and Hum(写真)収録の名バラードAll I Want Is You。今回の僕のケースではYouは当然部屋のこと。このコーナーも段々と連想ゲームっぽくなって来ましたがお付き合い下さい。

c0192625_21523576.jpg






この曲はウィノナ・ライダーの出世作Reality Bitesのサウンドトラックにも収録されています。U2のバラードは名曲ぞろいですがこの曲は特にゆったりとしたテンポで聞かせる名曲です。歌詞も秀逸なので秋の夜長にゆっくりとリラックスしながら聞くのが似合う一曲です(もちろんどの季節に聞いても素敵な楽曲です)。
[PR]
# by yoshi_525600 | 2009-04-27 21:00 | Wharton MBA

Wharton Welcome Weekend - Day 2(Walk On)

フィラデルフィア滞在2日目は時差ぼけで早くから目が覚め疲れが抜けず、朝食探しが面倒くさいので朝マック。朝食セットのようなものを頼んでみるとホットケーキ、ベーコン、スクランブルエッグ、ハッシュドポテトにビスケット、、、普通の晩ご飯よりも量が多い、、、これを全部食べると人生最重量(注:ダイエット中)更新確実なので、ご飯は最後の一粒まで食べなさいという両親の教えに背き残すことにしました。うーん、罪悪感。

この日は夕方にWharton Welcome Weekendのレジストレーションがあるのみだったので、朝から家探しをしました。まず最初に日本から不動産業者とアポの予約を取らなかったことに後悔。最大手のAllan Dombは受付に電話するもすぐに営業担当の携帯に転送をされてしまいました。当然、留守電にしかつながらないのですぐに電話をくれとメッセージを残し、その他のマンションにはCold Callをしまくりました。見た目からは想像出来ないぐらい人見知りする性格なので会社でもあまりCold Callは好きではなかったんですが、海外に行くと気が大きくなったのか、見た通りの図太さで順調にアポをゲット。

将来フィラデルフィアに住む人にしか役にたたない情報ですが見たマンションのうち主なところの感想は以下の通りです。

1500 Locust: 家具付きの部屋を見たので少しバイアスがかかっているかも知れませんが、素敵でした。屋内プールとジムの施設が充実。場所も駅から近く、通学にも便利。Whartonの学生が多く住み、快適そう。エレベーターが来るのに時間がかかるらしい&近所で工事が始まるらしい点がマイナスか。。。

Touraine: とにかく広い。でも高い。近くに韓国人がやっているスーパーがあって買い物にも便利そう。通学にはちょっと時間がかかってしまうか。。。大幅に予算オーバーなのであまり真剣に見ませんでした。

The Sterling: 少し方向性を変えてオフィス街にある高層マンションをチェック。先輩も住んでいるらしく、とても良い感じ。ただオフィス街だけに夜や土日は人通りが少なそうで若干不安か。部屋の広さや設備は許容範囲。やはりロケーションは緑があるところが良いなー。

各マンション2~3部屋見た上に、それぞれの場所が離れていたのであっという間に夕方。疲れた時に昼ご飯を失敗すると大惨劇が起きるのでお昼は前日のイタリアンでテイクアウト。サイズはアメリカン。夜にも引き続き食べることになりました。その後、第一候補マンションに住む先輩から家が探しのコツ、不動産屋との付き合い方をご教示頂くため和菓子を持って訪問。とっても美しい奥様&かわいい娘さんに出迎えられ思わず長居をしてしまいましたが、マンションの北側がゴミ収集車が通るから騒音注意等、住人ならでわの有力な情報を沢山ゲットすることが出来ました。どうもありがとうございました!!

さて、そろそろ学校のレジストレーションに行かねばとホテルに一旦戻ったらどんぴしゃのタイミングで朝、留守電を残したAlan Dombから電話が。第一候補のマンションの物件を明朝紹介してもらえることに。しかもこの日始めて市場に出た素敵な物件も一番に紹介してもらえるとのこと。アメリカ人特有のてきとー営業かと警戒しつつ朝一にアポを設定。明日は学校イベントの日だが先輩方も家探しを優先すべきとのアドバイスだったので家探しを優先。この時はまだ明日が運命の日になるとは知らず。。。

学校のレジストレーションはあっさりしていて、今後のイベント関連の資料を入手して終了。さすがアメリカだと思ったのはパートナーを事前登録しておくとパートナー向けの資料も別途もらえたこと。しかも名札付き。いっちょまえにWharton Communityの一員として扱われていました。そしてちょっと嬉しそうでした。

Day3へと続く。。。

ーーーーーーーーーー

本日のU2の一曲は、歩きまくった一日というこでWalk On。アルバムAll That You Can't Leave Behindに収録されている名曲。このジャケットがあまりにかっこ良く、卒業旅行ににパリに行った際にはシャルル・ド・ゴール空港でこの撮影スポットを探して同じ位置で写真を取ってきました。

c0192625_10485744.jpg






さて、この曲の魅力は曲の展開のダイナミックスさ、メロディの美しさと心のこもった歌詞ですね。ライブDVDを見ていると一番鳥肌がたつ曲です。以前、好きなU2の曲ランキングを勝手に考えた時にはトップ3に入って来た名曲です。プロモーションビデオはブラジルで撮影されているそうですが、とってもかっこいいです。リオデジャネイロ一度は行ってみたい都市です。
[PR]
# by yoshi_525600 | 2009-04-24 23:50 | Wharton MBA

Wharton Welcome Weekend - Day 1(One)

長らく更新していなくて申し訳ありません。

実は学校のオフィシャル・イベントであるWharton Welcome Weekend(略してWWW)に参加するため&留学後の家を探すため、約1週間フィラデルフィアとニューヨークに行ってきました。人生初フィラデルフィアです。片道Door to Doorで16時間以上かかる長旅でしたが、それだけの価値があった充実した旅になりました。今日から1日ずつ体験談をアップデートして行きたいと思います。そしてオススメの曲は僕が世界で一番好きなバンドU2の曲を1曲ずつ紹介していこうと思います。

後、今日からブログをより中身重視にするため(メンドクサイから、、、)文字の色づけ&改行をやめてみようと思います。文字の色やフォントを考えて設定するの、意外と時間がかかるんですよね。改行も文章の長さをそろえるために何度も書き直したり。かなり言い訳じみていますが極めて気弱な僕は本日のブログを受けて「見づらい」とか「イケてない」というフィードバックがあったら再検討するかも知れません。今までどんだけ暇だったのかという話ですが、将来的に授業の受けながらブログをアップすることを考えると書きやすいのが一番かなと思いまして。

さて、早速ですが訪問初日(4/15)は成田 → JFK → Penn Station (NY) → 30th St. Station (Philly) → Center City (Philly) と飛行機による乗り継ぎをせず、Amtrackを使って移動しました。多分飛行機より安い上に快適でした。夕方ホテルに到着してからお昼寝しようと思っていたんですが、到着したらフィラデルフィアは驚く程の寒さ、、、防寒具を用意しておらず身の危険を感じたので至急買い物へ。全く土地勘の無い中なんとか見つけたバナリパでコートを探すも並んでいる商品は全て春物。気休めに最も安いジャケットを購入し、風をしのぐことになりました。無職には痛い出費でした(涙)

夜は在校生との懇親会。場所は学校が特別レートを用意してくれたホテルとRittenhouse Square(フィラデルフィアのCentral Parkと呼ばれているとかいないとか、、、ちなみに広さは2ブロック × 1ブロック)の間にあるイタリアン・レストラン。期待値がとっても低かったからご飯は美味しかったです。量は期待通りのアメリカンサイズでした。

ここでは受験仲間や弊社にインターンに来ていた在校生との再会を果たしました。始めてお会いする方も何人かいたのですが、皆さんとてもバランス感覚がある魅力的な方々でした。Whartonの学生はもっとアグレシッブでスノッビーな人が多いのではと想像していたんですが、コミュニケーション能力の高い、地頭が良い、人柄も良い、ナイスな人達ばかりだったので草食男の僕は食われる心配はないと一安心しました。加えてその日に出席された方は金融バックグランド意外の方が殆どでこれもプラスのサプライズでした。フィラデルフィアの魅力、Whartonで授業を受ける際のアドバイス、家探しのコツ、配偶者の生活等々、とても参考になる情報を沢山聞くことが出来ました。

この日はさすがに疲れていたので10時過ぎに撤収、爆睡。Day 2に続く。

ーーーーーーーーーー

話は変わって今日の一曲ですが、フィラデルフィア滞在初日の日記にこじつけて、世界一のロックバンドU2の名曲Oneです。ちなみにU2が世界一というのは完全に主観ですが、どこかの雑誌で今最も重要なロックバンド・トップ3にThe Rolling StonesとR.E.M.と共に選ばれていました。U2の魅力を語り始めるとそれだけで1週間分のブログを書けるので今回は省略します。

c0192625_23255296.jpg






Oneは大ヒットアルバムのAchtung Baby(写真)に収録されています。コンサートでは常にBonoの引き語り、以前の東京公演ではランダムに観客席から女性客をひっぱり上げて歌っていました。この曲は後半のBonoの声の伸びが最高なのですが、最近はやはり歳のせいか今一声が出ていないのが残念です。さすがのBonoも老いには敵わないんですね。。。もちろんCDは若かりし頃のBonoの美声が響き渡っているので素敵なバラードにご興味がある方はぜひ聴いてみて下さいね。

Achtung Babyにはこの他にも僕の一番好きなU2の曲も収録されているので改めて紹介したいと思います。
[PR]
# by yoshi_525600 | 2009-04-23 00:00 | Wharton MBA

OBとの懇親会(Never Gonna Be Alone)

先日、WhartonのR1&R2合格者と若手OB/OGの方々との懇親会がありました。

まず、同級生になりそうな面々は期待以上でした。
築いてきたキャリア、キャラの濃さ、話した時の人柄、バランスの良い人達ばかりでした。
何人かの方々はまだ進路を悩んでいるようだったのですが、ぜひご一緒したいものです。
(個人的には自分が一番「うすい」「普通」な人だと思いました(笑))
年齢層が自分に近い人が多いのもの心地良さを感じました(ご存知アラサーです)。

OB/OGネットワークはさすがマンモス校でした。
人と人との繋がりは一番期待していたところなのでこれには大満足です。
ただ、やはり金融で圧倒的な強さを誇る学校だけあって金融ネットワークが目立ちました。
すぐに知り合いがどんどんつながって行ったのには本当に驚きです。

逆に自分を含め、必ずしも金融どっぷりの将来を見据えていない人にとっては
Wharton以外のU Pennの学校での単位取得やINSEADへの交換留学等を通じて
如何に自分の軸/目標をぶらすことなく2年間を過ごすかが課題だと感じました。

学校が始まってからの生活を想像すると今からとても楽しみです。
来週はWelcome Weekendで人生初フィラデルフィアなので、常にWhartonの欠点と
言われつつも、「住めば都」とも言われる街の様子をこの目で見てこようと思います。

Whartonに行ったら一人ぼっちになってしまう心配は全くないであろうということで、
本日の一曲はカナダ出身のロックバンドNickelbackNever Gonna Be Aloneです。
(この曲は最新アルバムのDark Horseに収録されています。)

c0192625_22243158.jpg






Nickelbakはロックバンドなんですがバラードの良さで有名です。
Photograph、Saven' Me、Far Away、Someday当たりが良く知られていますね。
このバンドの一番の魅力はボーカルのChad Kroegerのハスキーボイスでしょう。
アルバム全体を通して捨て曲が無い数少ないおすすめバンドです。
(カナダのバンドに対しては若干バイアスがかかっていますが、、、)
[PR]
# by yoshi_525600 | 2009-04-12 23:00 | Wharton MBA


NO DAY BUT TODAY


by yoshi_525600

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

はじめに
Wharton MBA
社会起業/Social Impact
キャリア/就活
Philly生活
NYC生活
東京生活
MBA受験・留学準備
書評・テレビ観戦
音楽・ミュージカル

以前の記事

2011年 08月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
more...

Twitter & ブログリンク

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧